相互RSS


【出版界の黒い闇】百田尚樹著「日本国紀」を批判した津原泰水氏、幻冬社からほぼ出来上がってた本の出版を一方的に断られる?

25年ぶりに「おぼっちゃまくん」が再開したワケ – 東洋経済オンライン
ともだちんこ!」などの“茶魔語”で、子どもたちに大ブームを巻き起こした小林よしのりさんの『おぼっちゃまくん』が、なんと、大人向けバージョン『新・おぼっちゃまくん』として …
(出典:東洋経済オンライン)
塩澤実信『出版社大全』、840頁。 ^ “企業情報(沿革)”. 株式会社 幻冬舎. 幻冬舎. 2015年12月30日閲覧。 ^ “相場概況”. ゴールデンチャート (2003年10月3日). 2011年7月21日閲覧。 ^ “幻冬社、日本スポーツビジョンを子会社化”. ウェブリーグ. エスエスケイ (2003年10月23日)
21キロバイト (2,805 語) – 2019年4月23日 (火) 00:36

(出典 prtimes.jp)
ほう。闇だな。

1 みつを ★ :2019/05/14(火) 16:54:02.34

【出版界の黒い闇】百田尚樹著「日本国紀」を批判した津原泰水氏、幻冬社からほぼ出来上がってた本の出版を一方的に断られる

2019/05/14

https://twitter.com/tsuharayasumi/status/1128113732700200960?s=21

正月あけ、担当を通じ、『日本国紀』販売のモチベーションを下げている者の著作に営業部は協力できない、と通達されました。「どうしろと?」という問いに返答を得られることなく、その日のうちに出さない判断をしたとのメール。それ以前の忠告警告はありません。それどころか話に頷いてたくせに。

https://twitter.com/tsuharayasumi/status/1128087461148516353?s=21

ゲラが出て、カバー画は9割がた上がり、解説も依頼してあったんですよ。前代未聞です。

https://twitter.com/tsuharayasumi/status/1127935456635604998?s=21

冗談じゃない。俺、幻冬舎から文庫出せなくなったんだぞ。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

Source: X線室