相互RSS


【悲報】高田純次は本当に「テキトー男」だった… !?

高田純次 (たかだ じゅんじ、1947年1月21日 – )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。東京都調布市国領出身。身長175cm。血液型はO型。愛称は「ちゃん」「じい」「じじい」「Mr適当」「TJ」「ミスター無責任」[要出典]「テキトー男」。自身の所属事務所であるテイクワン・オフィスの代表取締役も務める。
71キロバイト (10,503 語) – 2019年4月30日 (火) 12:14

(出典 gqjapan.jp)
動画は「【予告編】高田純次 ポルシェで当て逃げ『20万でナッシング』音声」の映像をUPしました🌸

1 ひかり ★ :2019/05/15(水) 16:21:37.91 ID:OwsONe6J9.net

 タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。

「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま
僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」

 約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、
そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、
弁護士を立てたという。

 事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。

 高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非は
あるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。

 高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、
「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に
追突事故を起こしている。

 自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。
高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。

 Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。

 5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、
高田の「ナッシング」音声などを公開する。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年5月23日号

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00011919-bunshun-ent


(出典 ikiteru.biz)


(出典 gqjapan.jp)

View this post on Instagram

タレントの高田純次が、東京都内の首都高速道路で交通事故を起こし、22歳の男性が怪我を負っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。  事故が起きたのは4月14日。被害者のAさんが、事故の状況を説明する。 「左から合流してきたポルシェが、本線を走っていた僕の車の左後部にぶつかりました。『ゴツン』という衝撃が走ったのですが、ポルシェはそのまま僕の車を追い抜いていった。その後、前を走る車を縫うように追い越しながら逃げていきました」  約15分後、首都高から降りたところで、高田は車を降り、Aさんと応対。高田は当初、「(Aさんの車に)当たってませんよ」と話していたが、そのうち「今20万持ってます」と、“示談交渉”を持ちかけた。Aさんは拒否し、話し合いを続けることになったが、高田本人と連絡が取れなくなり、弁護士を立てたという。  事故後、Aさんは医師から「頸椎と腰椎の捻挫」と「全身打撲傷」で、全治2週間を要する見込みと診断された。  高田は、小誌の取材に対し、「当たった認識はなかった」と「当て逃げ」を否定。その上で、事故を起こしたことは認め、「もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね、それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明した。  高田は2009年に、前方不注意でミニバイクと衝突事故を起こし、19歳の男性に全治2週間の怪我を負わせている。この時には、「二度とこのような事故を起こさないよう慎重に行動し、努力していきたいと思います」とコメントしていた。また、昨年3月にも、信号待ちの車に追突事故を起こしている。  自身の運転について危うさを感じることはないのかを聞くと、「まあ、自分で(運転が)危ないなと思うことはほとんどないんですけどねえ。高齢は高齢なんですけど、運転は好きな方ですから」と回答した。  Aさんの父親は、「高田さんの対応は誠意が感じられず、現在は告訴の準備も進めています」と話した。  5月16日(木)発売の「週刊文春」では、事故の内容や“示談交渉”の中身、高田との一問一答などを報じる。また「週刊文春デジタル」では、高田の「ナッシング」音声などを公開する↓ 車は気おつけましょう⚠️🚗 私にも苦い過去が。。。😅😅😅 #交通事故 #高田純次 #タレント #被害者 #トラブル #高速道路 #週刊文春 #ポルシェ #芸能界 #有名人 #イケメン #かっこいい #ハンサム #テレビ #監督 #プロデューサー #ディレクター #SNS #Twitter #Instagram #バイブス #パリピ 東京 #youtuber #follow #instagood #photooftheday

メンヘラボーイ♀山田さん(@menheraaaaaaaaaaa)がシェアした投稿 –

//www.instagram.com/embed.js

https://platform.twitter.com/widgets.js






//platform.twitter.com/widgets.js
続きを読む

Source: 芸能さくらch