相互RSS


【朗報】山田優のアノ炎上発言…専門家の答えが・・・・・

山田 (やまだ ゆう、1984年7月5日 – )は、日本のファッションモデル、歌手、女優。本名、小栗 (おぐり ゆう、旧姓:山田)。沖縄県出身。日本芸術高等学園卒業。沖縄アクターズスクール出身(在籍時はB.B.WAVES所属)。ケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブ所属。身長169c
29キロバイト (3,082 語) – 2019年4月22日 (月) 12:42

(出典 woman-beaty.com)
さよなら平成という言葉はどうなん?

1 豆次郎 ★ :2019/05/07(火) 18:26:12.12 ID:ltUb6f/v9.net

2019/5/7 15:01
山田が綴った「お疲れ様でした」という言葉に対して、「天皇皇后両陛下(※)に対して『お疲れ様という言葉のチョイスはおかしい』という声が相次いでいる」という趣旨の内容を、この記事では伝えている。

■専門家「べつに間違っとらん」

しかし、国語辞典編纂者で『三省堂国語辞典』編集委員の飯間浩明氏は、この用法を「べつに間違っとらん」と言及。

「目上への『お疲れさまでした』が不可とされるなら、それは新しい謎ルールの誕生だとしか言えません」と綴り、「お疲れ様」の使用をめぐる、我々の意識の変遷について明かしていく。

■「お疲れ様」と「ご苦労様」の変遷

飯間氏によると、「お疲れ様」という言葉はもともと芸能人の間で階級抜きの挨拶として使われていたが、戦後に一般層に伝播したという。

その一方で、「ご苦労様でした」という言葉もかつては目上の人に対し、使用されていたものの、20世紀末に「目上に『ご苦労さま』は失礼」という謎ルールが生まれたことを明かす。

そして、話は「お疲れ様」に戻り、「ご苦労様」に代わる言葉として、目上への挨拶の新スタンダードになったと説明。

最後に、受け手次第で不快に感じる人がいることを認めつつも、「問題ない」「集中的に批判されるようなことではありません」と結論づけた。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190507-42034192-sirabee


(出典 image.news.livedoor.com)


(出典 oki.ismcdn.jp)

続きを読む

Source: ミコさんの話題ニュースまとめ